蓄電池で備える

  • そもそも蓄電池とは?
  • 蓄電池はこんなに便利
  • 太陽光発電とあわせて

まずは蓄電池について知ろう そもそも蓄電池とは?

蓄電池(リチウムイオン蓄電池)とは、「リチウムイオン」を用いて充電及び放電を繰り返し行い何回も利用できる電池の事です。
携帯電話やノートパソコン、電気自動車や人工衛星など、身近なところから大規模なものまで沢山の分野で使用されています。

蓄電池を知る

蓄電池はこんなに便利 蓄電池のメリット

蓄電池は普段使いができます。人がほとんど電気を使わず寝ている時間帯の深夜に安い深夜電力をためておき、昼間にその電気を使うことで光熱費を削減することが可能です。

また、万が一震災などの影響で停電になった場合でも、日頃から一定量の電気を蓄えておくことで電気を使用することができます。(※1)

6.6kW ~ 7.2kW(※2)という大容量で安心して電気を使うことが出来ます。万が一電気を使いきってしまった場合でも大丈夫です。コントローラの操作で2時間ほどで急速充電も可能です。
(停電時には使用することができませんのでご注意ください。)

蓄電池のメリットを知る

※1 使用Wには限りがあります。また、緊急時には予めどの電源で使うのか設定した場所でのみ使用が可能です。
※2 メーカーや型式によって異なります。予めご了承ください。

ほくでんの深夜電力プラン

北海道電力株式会社で、「ドリーム8」という深夜に特定の時間内の電気料金が安くなるプランを契約し、その安い電力を蓄電池にためて、昼間に使うことで、前述したとおり電気料金の削減になります。

ほくでんの深夜電力プランを知る

太陽光発電システムとあわせてもっと便利にできる!

昼間は太陽光発電システムで発電した電気を使い、余った分は売電せずに蓄電し夜に使えば、電力会社からの買電を極力せずに生活が可能です。
工夫次第で色々なコスト削減をすることができます。

蓄電池と太陽光発電システムとの組み合わせを知る

お問い合わせをする