産業用太陽光発電について学ぼう

  • 産業用太陽光発電のしくみ
  • 産業用太陽光発電の設置パターンについて
  • 産業用太陽光発電のメリットについて

まずは産業用太陽光発電のしくみについて知ろう

太陽光発電システムとは、太陽光のエネルギーを電気エネルギーに変換するシステムのことです。
太陽光発電モジュール(ソーラーパネル)に光があたることで発電します。産業用太陽光発電は10kW以上の設置になります。2012年7月に施行された“固定価格買取制度”により全量買取でのご契約が可能になっています。
全量買取とは、発電した電気すべてを電力会社に売ることのできる制度です。
産業用太陽光発電は“固定価格買取制度” 24 円/kWで20年間売電価格が固定になります。基本構成は住宅用システムと同じですが、大規模なシステムの場合には複数のパワーコンディショナが必要になる場合があります。

産業用太陽光発電のしくみについて知る

前述したとおり、10kW以上の太陽光発電システムは産業用として全量買取での設置が可能です。その中でも10kW ~ 50kW未満のシステムは、住宅設備と同じ低圧連係の範囲での設置が可能なので、
高圧連系のメガソーラーのように低圧連係にはないその他の高額な機器を導入する必要がないため、太陽光パネルやパワーコンディショナなどの周辺機器も少なくすみ、機器コストが抑えられます。

産業用太陽光発電の設置パターンとは

産業用太陽光発電システムには設置パターンが沢山あります。北海道は広大な土地が多いため、可能性が広がりますね。

遊休地(49kWまでの低圧連係)

10 ~ 50kW未満のシステムは、住宅用とおなじ低圧連係での設置が可能です。
高圧連系のような、高額な周辺機器を導入する必要がなくコストが安くすみます。

遊休地のイメージ図紹介

アパート/マンション

近年アパートやマンションにも太陽光発電システムを導入するオーナー様が増えてきています。
入居者も嬉しい、発電した電気を各戸に分配する「各戸連系」や補助金もありオーナー様が売電もできる「共用連系」、最も人気がある「全量配線」の3種類があります。
条件は若干の違いもあります。是非お問い合わせください。

アパート・マンションのイメージ図紹介

納屋

会社の屋根や野立てでご検討頂いていたお客様でも条件によっては向き不向きがあります。
その際に納屋をお持ちのお客様はそちらへの設置もご提案させていただきます。条件しだいでは住宅用・産業用お選びいただけますので是非お問い合わせください。

納屋のイメージ図紹介

工場/倉庫

工場や倉庫の場合、建物の屋根を利用しますので土地代がかかりません。
大きな工場や倉庫に設置となる場合、何百坪になりますので見過ごせないスペースと言えます。
また、工場や倉庫の上に設置された太陽光発電システムのパネルは遮熱効果がありますので冷暖房費用のコスト削減にもつながります。

工場・倉庫のイメージ図紹介

商店/会社

お客様への環境貢献アピールにもなり、本業のお仕事をされながら副業で太陽光発電システム、というオーナー様もいらっしゃいます。
自営業や会社でご検討いただける方は是非ご相談ください。

商店・会社のイメージ図紹介

野立て(500kW以上の高圧連系)

高圧連系設備には、低圧連係とは違い高圧受電設備キュービクルなどの機材が必要になり、おなじ産業用というくくりではありますが変化が生じてきます。

野立てのイメージ図紹介

産業用太陽光発電のメリットとは

産業用太陽光発電システムには様々なメリットがあります。

  • CSRとしての評価が高まる
  • 一定の経済効果が期待できる
  • 災害時等の非常電源が確保できる
  • 環境保護意識が高まる
  • 法制度や税制面での優遇がある
  • 売電事業に取り組める

お問い合わせをする