住宅用太陽光発電について学ぼう

  • 住宅用太陽光発電のしくみ
  • 住宅用太陽光発電の設置パターンについて
  • 住宅用太陽光発電のメリットについて

まずは住宅用太陽光発電のしくみについて知ろう

太陽光発電システムとは、太陽光のエネルギーを電気エネルギーに変換するシステムのことです。
太陽光発電モジュール(ソーラーパネル)に光があたることで発電します。住宅用太陽光発電は、自宅の屋根などに太陽光パネルを設置し、太陽光を電気に換えます。
電力会社の配電する商用電力と系統連系すると、発電して余った電気を電力会社に「売電」することができます。逆に、発電した電気が足りなかった場合には電力会社から電気を買うことが出来ます。

住宅用太陽光発電のしくみについて知る

住宅用太陽光発電の設置パターンとは

住宅用太陽光発電システムには設置パターンが沢山あります。北海道は広大な土地が多いため、可能性が広がりますね。

陸屋根

北海道では一番多い形状で、『スノーダクト』『無落雪』とも呼ばれます。
一見四角い形状をしていますが、屋根が平らではなく中心に向かって傾斜しているのが特徴です。

陸屋根のイメージ図紹介

切妻屋根

通称三角屋根と言われています。
切妻屋根は太陽光がきちんとパネルにあたる造りです。
屋根に直接パネルを設置できるので見た目も良く、費用も抑えることができます。

切妻屋根のイメージ図紹介

寄棟屋根

4面の屋根からできており、必ず南向きに設置が可能です。
各屋根面積は小さくなりますが、北を除いた3面に設置できるので設置容量が少なくなることはありません。
風に強いというメリットもあります。

寄棟屋根のイメージ図紹介

片流れ屋根

片側にだけ傾斜している屋根です。
片流れ屋根は屋根が南向きであれば太陽光パネルを設置するのにベストです。
しかし、北向きに傾斜がある場合でも条件によっては南向きに設置することもできますので是非ご相談ください。

片流れ屋根のイメージ図紹介

野立て(10kW未満)

ご自宅の庭や空いている土地などに直接設置するタイプです。
野立てするのは産業用だけだと誤解されがちですが、住宅用も可能です。
現在ご家庭では10kW以上の申請が通るのは難しいので、10kW以下に抑えれば住宅用でも野立てができます。

野立てのイメージ図紹介

住宅用太陽光発電のメリットとは

住宅用太陽光発電システムには様々なメリットがあります。

  • 環境にやさしい
  • 昼間は電気代いらず
  • あまった電気を売れる
  • オール電化とセットでもっとお得に
  • 断熱効果でお部屋が快適に
  • 停電時にも使える

お問い合わせをする